「鬱だしんどい辛いだるい無理」とにかく寝ましょう大丈夫だからさ

うつ状態でだるい。やる気が出ないとき。メンヘラ筋金入りの僕流乗り越え術

結論から。

そんな時は寝ます。寝るんです。夜ならなおさら。パソコンを再起動すると調子が良くなりますよね。それと似たイメージです!

グイッと飲むことやら処方薬に頼るのも、絶対ダメとは言えませんが、寝るのが良いんです。

だって、寝りゃどうせ良くなるんだから! 僕はそうでした! 今がどん底。あとは回復するだけです。あとは良くなる一方なんだから、寝れば良い。大丈夫。そのうち何か始めたくなりますって!

人が寝る理由

脳くん! 次はお前のターンだ! ワイは寝る!

人間ってのはよくできていて、寝てる間にいい仕事を勝手にこなします。例えば、脳内を整理たり再生製したり増強したりしてます。悪い記憶は消すなりなんなりも、自動でやってます。これは、脳科学的にも実証されているようです。

「寝てる間にそんなこと、私には経験がない」こう思うかも知れませんが、そりゃそうだ。記憶を消す作業なんだから無意識ですし「この記憶を消した」こと自体も記憶から消えてますよ。心臓を動かした、鼓動を何回打ったか覚えてませんよね?それに似てます。

寝たくても寝れない

うん。寝れないときもありますよね。

それに、不安で寝れない状況なのもわかります。どうしても寝れないなら、医者の指示のもと睡眠薬を使っても、僕はいいと思います。

医者に処方薬をもらって、指示どおりなら、全然問題ないと僕は思います。

そのうち良くなる

今辛くても、寝ればだいたいよくなる。

僕が鬱で苦しんだとき、必ず、そう考えて乗り越えました。

当時は僕も色々試しましたが、うまく行かなければ寝るのが1番ききました。

大丈夫。そのうちなんとかなりますって。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。